CHANGE FONT TO

Mplus 2

SEARCH CATEGORIES ARCHIVES
東京へ

だからクルマはきらいなんだって。

つかれたよ…。

梅雨の晴れ間

買ったばかりのキャノピー付きペットコットをデッキに出してみましたが、案の定、中に入るつもりはないようです。

梅雨の雨間

雨がちでなかなか捗らないけど、なんとか吹きさらし薪ラックが埋まってきました。

雨間のうちに燃やせるものを燃やしてしまいます。

薪割り斧について

いつの間にか増えてきたので、記録もかねてまとめてみます。斧選びに迷っている誰かの役に立つことができればうれしいです。前提として、以下の感想は身長 162cm で BMI 21、体脂肪率 18% 程度の小柄で非力で運動不足気味、いつまでたっても薪割りが上達しない ♂ の個人的な意見です。購入順に紹介します。

Wetterlings - Splitting Axe

刃の重さ:1.5kg
柄の長さ:730mm
Made in Sweden

最初の頃こそ重さを感じたけれど、いつまでも振り下ろすことができそうな気がするほど軽い。たぶん長さ 30cm くらいで節がなく木目の素直な玉(薪割り用に短く切った丸太)なら気持ちよく割ることができると思います。実際にはそんな素直な玉はほとんど無いし、自分が必要な長さ 45cm の薪を割るには力不足を感じました。刃の形状も薪割り用に中央が山形になっていますが、全体的に薄いので玉に食い込んだまま挟まって、抜くのに手間取ることも多いです。伝統的な斧としての質感は所有欲を満たしてくれます。

Wetterlings - Splitting Maul

刃の重さ:2.5kg
柄の長さ:810mm
Made in Sweden

最初に購入した Splitting Axe と比べて重量のあるヘッド(刃)と長い柄で確かな威力を感じます。直径 30cm で長さ 45cm 程度の玉であれば、多少節があっても大丈夫。ただ何時間も振り続けることは、自分には無理な重さ。刃の付け根部分の柄にヒビが入ってしまったので、アルミテープを巻いた上に針金で補強しています。刃の反対側がハンマーになっていて、薪割り用のクサビを叩くことができます。クサビを使えば太かったり節だらけの面倒な玉も確実に割ることができます。Splitting Axe 同様、伝統的な質感は所有欲を満たします。

当初はこの Splitting Maul で大きく割ってから、軽量の Splitting Axe で最終的な太さに割ることが多かったです。面倒そうな玉は最初からクサビを使って、体力の無駄使いを防ぎます。

Husqvarna - Hatchet

刃の重さ:0.6kg
全体の長さ:380mm
Made in Sweden

こちらは手斧。樹皮を剥いだり、薪割り斧で割り切れなかった筋を切断するのに使用しています。焚き付け用に薪を小割りする時にも重宝しています。Wetterlings 社の同等品と比べて驚くほど安価だったのですが、質感も使い勝手もとても良く、良い買い物だったと満足しています(残念ながら最近は値上がりして、他のスェーデンメーカーの高級品とたいして変わらない価格になってしまいました)。

Helko - Vario 2000 VR-4 Light Splitting Axe

刃の重さ:1.5kg
柄の長さ:750mm
Made in Germany

前述の Wetterlings Splitting Axe とほぼ同等の重さと長さの軽量斧。ヘッド部の金属カバーの分、重心がヘッドに寄っているのかもしれません。ボルトによる刃の固定方法がちょっと変わっています。バランスが良いのか、Wetterlings Splitting Axe では躊躇するような玉もよく割れるし、いつまでも振り下ろし続けることができそうな軽さです。刃の形状にも厚みがあって玉に食い込むことは少ないですが、刃先も厚いのでちょっと手斧の代わりに使うには不向き。しばらくの間、この斧を中心に使っていました。

Helko - Vario 2000 VR-7 Heavy Splitting Axe

刃の重さ:2.3kg
柄の長さ:900mm
Made in Germany

上の VR-4 同様、ボルトによる刃の固定方法がちょっと変わっています。柄がかなり長いせいか、Wetterlings Splitting Maul と比べても明らかにヘッドが重く感じられます。その分、威力も凄まじく、上手に振り下ろせた時はこの斧で割れない玉なんてないんじゃないかと思ってしまいます。実際にはそうそう何回も続けて振り下ろすには体力不足で、面倒な玉はさっさとクサビで割ってしまった方が効率的です。自分の体格的には持て余してしまいます。

セールで購入した安価な手斧

刃の重さ:未測定
全体の長さ:360mm
Made in ?

手斧の使い勝手がとても良かったので、おくさんが自分用に購入したノーブランド品。Husqvarna の Hatchet よりも軽いのでさらに使いやすいようです。質感は値段なりにそれなりですが、十分役に立っている様子。

Fiskars - X25 Splitting Axe

全体の重さ:2.4kg
全体の長さ:724mm
Made in Finland

しばらく愛用していた VR-4 のボルト折れ(修理済み)を機会に購入。評判通りに素晴らしい斧。軽量斧に属すると思うが、グラスファイバー製の柄は中空で重量バランスはかなりヘッド寄り、短めの柄は扱いやすく、軽く感じる割りに威力は大きい。柄の先端の返しもストッパーとして気持ちよく機能している。刃の形状は十分な厚みがあるにも関わらず先端は鋭利で、さらに柄が軽いので、短く持てば手斧的な使い方もできなくはない。価格は伝統工芸品的なブランド斧の半額程度で、もはや個人的には、このブランドの斧以外を選択する理由が見当たらないくらい気に入ってます。

最後に

ということで、もし自分が薪割りを始める誰かに相談されたとしたら、とりあえず Fiskars の X25 と、適当なハンマー付き重量斧、適当な薪割り用の鉄製クサビを 2 つ、適当な手斧を用意するよう助言します。

キャノピー付きペットコット

Costco で安かったので思わず購入。コットのテンションを維持するために、ポールの組み立てはきつめで、コツが分かるまでちょっと苦労した。晴れた日にデッキで使う予定だけど、たぶん入ってくれない予感。今回はおやつで誘導してみた。

大泉「こぱぞう」

通りかかるたびに気になっていたスパゲッティのお店。ちょっと驚くサラダ、こだわりアルデンテのスパゲッティ、食後のドリンク付きでこのお値段は素晴らしい。

Helko Vario 2000 VR-4 復活

届いたボルトは 1cm ほど長くなっていました。対策品なのかもしれません。

所有している 3 本の軽量薪割り斧を並べてみました。下からスェーデン製の伝統的な斧、ドイツ製のちょっと革新的な斧、フィンランド製の結構革新的な斧。下から順に購入しました。ちなみに下から順に価格が安くなります。個人的な感想ですが下から順に使いやすくなります。

雨上がり

いろんな声が聞こえます。

モバイル回線の契約

iPhone.y(au)、iPhone.c + iPad Pro.s(au)、iPhone.s(UQ)を、iPhone.y + iPhone.c(OCN)、iPhone.s + iPad Pro.s(OCN)に変更。iPhone.t + iPad Pro.t は先行して(au)から(LINEMO)に変更済み。機器の残金はすべて来月に一括引き落としの予定。すっきりしました。

野辺山の光回線は 9-11 月が更新月、(docomo)から(OCN)に変更予定。自宅の CATV 契約は来年まで、その頃の状況でインターネット契約のみどこかの光回線に戻す予定。

コロナワクチン 1 回目の接種

早めの予約が取れたので、大手町の大規模接種センターにて。素晴らしい手際の良さでした。

何をしているのやら
東京都議選期日前投票

朝の散歩のついでに済ませてきました。

日々の記録
21 JUN ALEX の混合ワクチン接種。
22 JUN マリオットラウンジオアシス(銀座)にて家族で昼食。
23 JUN 新三郷の COSTCO のち IKEA のち秋葉原ヨドバシカメラにてモバイル回線変更の相談。
24 JUN 日本橋 3 丁目で N 計画打ち合わせ。
VR-4 のボルトが届く

ボルトが折れたけど無事に取れた Helko Vario 2000 VR-4 の純正ボルトが届きました。2 本注文して送料込みで 1,030 円でした。何店かホームセンターを回っても見つからず、モノタロウのこれが適合しそうでしたが(14 本で 599 円、頭が 3mm はみ出るかも)、とりあえず純正品にしました。

こゆきちゃんと初めまして

ぼく、どうしよう!

雨でもテラス席

のんびりチェックアウト後、ハイランドホテルのテラス席でケーキセット。冷たい梅雨の雨が残念でしたが、きれいな芝生を眺めながら気持ちの良い時間を過ごしました。

思いがけず晴れ間も見えて

箱根湯本までドライブ。4 月にオープンしたばかりの「Roots inn the Box」で昼食後、芦ノ湖経由で宿に戻る。

箱根に向かう途中で

御殿場のプレミアムアウトレットに寄ります。ハーゲンダッツで一休み、ほかに買い物はありませんでした。楽しみにしていた「壺仙」で昼食後にチェックイン、ALEX も一緒です。

ゆっくり朝食

ホテルの一階にあるベーカリーで購入すれば、歩道沿いのテラス席を利用することができます。

アイスコーヒーと、フレンチトーストと、スコーンと、バゲットは切ってもらっているところ。

バゲット大好き。

帰ったらおふろの日。おやすみなさい。

もうすぐ梅雨

梅雨前にすべての丸太を回収することができて良かったです。

こちらは勝手口側に積んである来シーズン用の薪。

ねむくない、ねむくない、ねむくない…。

ねこちゃん発見

テリトリーにねこちゃんが入ってくるのは許さない。

現場作業終了

午前中は第三現場に残っていた丸太を全て回収。現場作業はこれで終了です。第一丸太置き場(上)と第二丸太置き場(下)。

合間に割った薪はこのくらい(下)揃いました。これからは丸太置き場の丸太を半分に玉切りしてから割ることになります。

寸足らずな丸太がにょきにょきと焚き火穴のまわりに集結しています。

午後から薪割り

今日も暑かった。午前中は、第三現場で 45cm に玉切りしたまま残していた丸太を回収。チェンソーで一番太い丸太を新しい薪割り台用に再カットする。

買い物ついでに「ガスト」で昼食、午後は回収した丸太を薪割り。

本日は終日薪割り

薪割り台よりも太い玉を先行して割っています。悪あがきしないでさっさとクサビを使って…

半分になれば、後は X25 で端から削るように割っていきます。

日差しが強いので、日陰のできる場所で作業します。午前と午後で移動した結果。

着々と埋まってきました。

日差しが強かったので

暑かろうとポップアップテントを出したのですが、意地でも入らない様子。

薪割り続行中

昨日に続いて薪割り作業。丸太切りで最後に残した根元付近の太くて捻れたものから割っているので、なかなか進まない。最初にクサビで 2 分割から 4 分割した後に斧で割っていきます。「アプレスト」で昼食後に、丸太を 3 本切ってから再び夕方まで薪割り。

最後に割った薪を積んで終了。息子 S はバイクにガード類を取り付け中。

丸太切りのち薪割り

午前中は丸太切り。90cm ではとても重くて運べない太い丸太を 45cm ずつに切っていきます。しばらくしたらチェンソーがオーバーヒート気味になってしまったので潔く終了。45cm の丸太をクルマで 4 往復分運んで、薪割り開始。

FISKARS X25 は軽くて振り回しやすいのに、なぜか威力があります。「カントリー」での昼食をはさんで夕方まで楽しく薪割りを続けて、再来シーズン以降用の薪棚の半分くらいまで埋まってきました。

第三現場丸太切り進行中

午前中は雨。昼食後から息子 T を迎えに行く時間まで作業。昨日、穴を開けたガイドバーは問題なくチェーンにオイルを流してくれた。

いろいろ捗ったし、いろいろあった

ボルトが折れて使えなくなってしまった Helko VR-4 の代わりに注文していた FISKARS X25 が届きました。

ちょっとだけ試し割りしてみたけど、かなり良い感じです。センターポンチとエキストラクターも届いたので、VR-4 の刃に残ったボルトにドリルで下穴を開けて…

エキストラクターを軽くコンコン叩いて、折れたボルトに齧り付いたのを確認してから反時計方向に回して、無事に取れました。純正のボルトを注文する前に、ホームセンターで探してみようと思っています。

昼食は大泉まで降りて「サムズキッチン」、残念ながら日替わりは終了してしまったけれど、美味しいハンバーグをいただきました。食後は清里まきば公園で軽く散歩。食事中の羊たちは愛想なし。

戻ったら RIN ちゃん家が遊びにきてくれました。

新調したもののオイルが出ないガイドバーに穴を開けてみました。上が 135e 純正、下が新調した 135 Mark II 純正のガイドバー。本体噴出口の位置に対して少々ずれてしまいましたが、まあ問題ないでしょう、ないと信じています。明日試してみます。

雨の日は休息日

力仕事も一休み、案外ほっとしている。

今日のポップコーンは元気良いです。

薪割りのち丸太切り

重量バランスが良く振り疲れしないうえ、左右に広がった刃の形状のおかげで丸太離れの良い Helko の Vario 2000 VR-4。4 本所有している薪割り斧のなかで最も使用頻度が高かったのですが、薪割り中に固定ボルトが一本折れて刃の中に残ってしまいました。

取れるのだろうか…。とりあえずセンターポンチとエキストラクターを注文。

第三現場の丸太切り、とりあえず終了。しかし太いものが多いのでさらに半分に切らないと運べない。どうせすぐ薪割りするので好都合ではある。

第三現場で作業中

8 本の原木が積み重なっていたが、なんとか終わりが見えてきた。90cm の丸太に切っているけど太い丸太はさらに半分に切らないと重くて運べない。

135e のガイドバーを新調したのだけど、後継機 135 Mark II 用のものが使えるということで試している。オイル穴の無いタイプになっていて、なぜか最初のうちは問題なくオイルが出ていたような気がしたけど、やっぱりオイルが出なくなって使えない。本体のオイル噴出口がバーの上穴とまるで合わない。組み方が悪いのだろうか。

薪割り少しずつ進んでいます

丸太切り出しの合間の気分転換程度ですが。

いったん戻りました

まだ眠い…。

久しぶりに屋上まで行ったよ。

ウェイトが増えました

よく分からないけど ExtraLight と SemiBold を追加すると都合が良いらしいということで、Aaron さんが修正してくれました。すでに variable font 対応済みなので、デザイン的な破綻はないはずです。Mplus 1 と Mplus 2 は 9 ウェイト、Mplus 1 Code と Mplus Code Latin は 7 ウェイトになりました。フォントファイルも用意されています。

https://github.com/coz-m/MPLUS_FONTS/tree/master/fonts

薪割りのち丸太運び

午前中、息子 S はオンライン授業があるので、ひとりで薪割り。45cm に玉切りしたものが沢山あるので気楽なもの。

カントリーで昼食後、息子 S と丸太運び。第二現場の丸太はすべて回収。第二丸太置き場も埋まってきた。

明日は明け方から雨になるようなので、ビニールをかけておく。

丸太運びのち ROCK のち薪割り

午前中は息子 S に手伝ってもらって第二現場の丸太運び。

久しぶりの ROCK で昼食、食後にちょっと散歩。

午後は力仕事する気力もなく、薪割りをはじめる。

今日は疲れた、もう寝る
雨ざらし薪ラックの基礎工事

本日は力仕事お休み。薪割りが始まる前に、凍み上がりで凸凹になった薪ラックの基礎を手入れする。

さすがにコンクリートは大袈裟だと思っているので、今年は路盤材を敷いてみる。なんとなく良さそう。

雨が降りはじめる前に完了しました。列の一部が歪んでいるのは 2x4 材の捩れのせいです。薪を積めば収まるはず。

中央道須玉、高速バス停

にいちゃんを迎えに。富士山背負って来た!

第二現場丸太切り終了

とはいえ運ぶのに一苦労しそうです。

晴れました
Description できました
まだ梅雨ではないらしい
Tokyo, 1989

師匠の鶴の一声で 1989 年春に Macintosh II を導入(自分は 1988 年末に Macintosh SE を購入)、その日から ROTRING 製図ペンは一切使わなくなった。当初は Illustrator 88 でロゴタイプなどを制作していて、日本語版が発売されてしばらくした頃、Adobe Japan の人がソフトウェアとかフォントとか色々持ってきてくれて、さらにしばらくした頃、本国の人が取材に来て色々仕事中の写真を撮っていって、後でもらった一枚。

Paris, October 1988

師匠に連れて行ってもらったパリ、Musée des Arts Décoratifs で開催中だった「Issey Miyake A-ŪN」展にて。

1986 年のミニインタビュー

郵便貯金振興会発行の小冊子、全国の郵便局で配布していたらしい。事務所の若い人ということで、入社 4 年目だったけど一番若かった自分が受けることに。

東京も梅雨入り間近

日本橋 3 丁目で N 計画の打ち合わせ。その後「うさぎや」さんでどら焼き購入、日本橋三越「WEST」でドライケーキ詰め合わせの発送をお願いする。帰りは歩き、途中で散髪。

Coming soon!

愛のあるユニークで豊かな書体

愛のあるユニークで豊かな書体

Aaron さんの魔法で 5,700 字以上の漢字が全て variable fonts 対応となりました(今でも信じられない!)。Google Fonts での正式公開に先駆けて GitHUb から全てのフォントがダウンロード可能です。おそらくグリフデザインの変更はしばらくありません。

暑いです

まだ梅雨前にもかかわらず、一気に夏の様相です。

公園の佐藤錦、まだちょっと酸っぱいけど初物いただきました。

東京へ

そろそろここの丸太置き場も一杯になってきました。

掃除の邪魔はしないよ。

作業はいったん中断

東京に戻るため作業中断。右は 90/45cm に玉切りしたもの、左は玉切り前の長いままの丸太。

第二現場開始

まだまだ作業は続きます。

第一現場終了

丸太の壁ができつつあります。

90cm で切った丸太は道路沿いに並べています。

45cm に切った丸太は庭に転がしておいて、最初に薪割りする予定です。これで半分くらいかな、明日から第二現場です。

焚き火はキライ

煙が追いかけてくるよ。

細くて長い木もいただきます。

少しずつ丸太増えてます

今日も一日ご苦労であった。

ポップコーン!
あいかわらずチェンソーの調子が悪い

兄ちゃんは手伝わないで遊んでるし。

丸太を積み重ねています

当然、ぼくは監督さんです。

息子 S 合流

夜になって息子 T も高速バスで合流。

作業が進まない

朝からまるでエンジンがかからないので、8 シーズン目にして初めてカバーを開けてみた(今まで全くのノーメンテナンスで良く働いてくれました)。

とりあえずプラグを買いに行って、エアフィルターを確認して(綺麗だった)、やっと作業開始。まもなく雨混じりの雪が降ってきて作業終了、やれやれ。

庭の小さな桜の木が満開です。
爽やかな朝です

遅くなりましたが、タイヤ交換しました。

OSDN から GitHub へ

なんとなく後回しにしていた GitHub への移行告知をやっとすませました。OSDN に蓄積されている情報とフォントファイル類は(需要があるかぎり)そのまま置かせてもらいますが、ぜひ新デザインの GitHub 版もご覧ください、という内容です。2002 年に bitmap font の制作をはじめてからお世話になっていたホスティングサイトなので感慨深いです、本当にお世話になりました。

http://mplus-fonts.osdn.jp/about.html

今日も一日が終わるよ
M+ FONTS の選び方
種類が多すぎてわかりにくいと言われ続けているのにも関わらず、さらに複雑な状況になってしまって申し訳ないので解説いたします

2 種類の M+ FONTS

現在 M+ FONTS は、OSDN で公開しているものと GitHub で公開しているものがあります。多くの方々に支えられて 2003 年から制作を開始した OSDN 版、Google の支援をいただいて 2019 年からデザインの見直しを進めている GitHub 版、最初にこの 2 つの M+ FONTS の強い点と弱い点、違いと共通するところから説明します。

OSDN 版の M+ FONTS は、開発当初からやってみたいアイディアが次から次へと湧いてきて、それらを形にすることが楽しくて、気がつくと文字デザインの種類と含まれる文字種が予想外に増えてしまいました。強い点としては、それらの成果である複数のデザインバリエーション、多言語対応と豊富に用意した国際音声記号、演算子、特殊記号による多目的対応があげられます。なんの制約もない独自の M+ FONTS License に利点を感じる方も多いようです。一方弱い点として、これらの作業と膨大な数の漢字を揃える作業に時間を取られ、基本的な文字(ひらがな、カタカナ、英数字)のデザインに充分な時間をかけることができなかった面があります。

GitHub 版の M+ FONTS では OSDN 版の反省をふまえて、基本的な文字のデザインを見つめ直し、複雑すぎるデザインバリエーションを整理しているところが強い点といえます。こちらは SIL Open Font License となります。M+ FONTS License に比べれば僅かな制約がありますが、一般的な使用においては充分にフリーなライセンスといえます。反面、他言語対応と多目的対応に必要な文字の制作は後回しになっているところが弱い点となります。

以上の違いにかかわらず、一貫したデザインの方向性による書体のイメージは共通です。OSDN 版を見慣れている方が GitHub 版を見ても、それほどの違和感をおぼえることはないだろうと判断しています。また、約 5,700 文字まで制作した漢字は今のところ GitHub 版でもそのまま流用されています。

結論として、他言語対応や多目的対応が必要な方、ライセンスを気にすることなくフォントを改変、再配布される方は OSDN 版を、それ以外の一般的な使用目的の方は文字デザインの改良された GitHub 版をぜひご利用ください。

OSDN 版 M+ FONTS について

和文文字では、直線処理と柔らかな曲線の対比が特徴的な Type-1(左)と、従来的なゴシック体の雰囲気を残しつつ現代的な表情も併せ持つ Type-2(右)の 2 種類のかな文字に、共通の漢字を組み合わせています。

欧文文字では、明るく伸びやかなデザインを心がけた M+ P、文字組みの時のまとまりの良さを意識して再設計された M+ C 、プログラミング用として識別性を重視しつつ素直な字形を目指した半角固定幅の M+ M、プログラミング用フォントの新しいデザイン性を意識した M+ MN があります。

Gy3 Gy3 Ba0 Ca&

M+ MN 以外の欧文にも、2 種類のかな文字に対応した Type-1(上)と Type-2(下)があります。

Gy3 Gy3 Ba0

これらの和文と欧文を組み合わせて 7 種類のフォントを用意しました。モダンゴシックとしての明るいデザイン性を求める場合は M+ P Type-1ややクラシックな雰囲気を求める場合は M+ P Type-2、それぞれの欧文をややスリムにして文字組みのまとまりの良さを求める場合は M+ C Type-1 または M+ C Type-2 を選べばよいと思います。また、プログラミング用として等幅フォントが必要な場合素直な字形なら M+ M Type-1ややクラシックな字形なら M+ M Type-2新しいデザイン性を求める場合は M+ MN Type-1 を選べばよいと思います。

公開サイトではご利用目的に応じていくつかのフォントファイルを用意してありますが、一般的にフォントとしてご利用する場合は mplus-TESTFLIGHT-063a.tar.xz(TTF)か、063-OTF.tar.xz(OTF)を、フォント改造を目的とする場合は 063-OTF-NO_REMOVE_OVERLAP.tar.xz が適しています。またこちらの CVS Repository には、フォント制作時に作成したすべての Adobe Illustrator ファイルが残されています。フォントファイルと同様、ご自由にお使いください。

公開中のフォントファイルはすべてのフォントを 1 つにまとめているため、圧縮率の高いフォーマットを採用しています。ファイルの展開は Unarchiver (macOS)、7-Zip (Windows)などのフリーソフトウエアが対応しています。

GitHub 版 M+ FONTS について

現在のところ、プロポーショナルフォントとして 2 種類(CLOG)、プログラミング用等幅フォントとして 1 種類(CLOG)のフォントファイルを公開しています。OSDN 版 M+ P と C の Type-1 をもとにデザインを見直した Mplus 1(左)、Type-2 をもとに M+ FONTS らしさを強めた Mplus 2(右)、

M+ MN をさらに発展させて Mplus 1 の和文文字と組み合わせた Mplus 1 code、それぞれの文字をすべてデザインし直しています。

ABCabc|O0Ø1Il

OSDN 版と同様に、明るいデザイン性を求める場合は Mplus 1ややクラシックな雰囲気を求める場合は Mplus 2プログラミング用途には等幅フォントの Mplus 1 code をお選びください。またプログラミング用途で和文文字が不要な場合は、文字幅 50% の Mplus code 50、文字幅 60% の Mplus code 60 もお選びいただけます。

さらに GitHub 版の M+ FONTS では variable fonts 対応フォントも公開しています。Mplus 1 の欧文文字とかな文字に対応した Mplus1GX.ttf、

Aaあ

Mplus 2 の欧文文字とかな文字に対応した Mplus2GX.ttf、

Aaあ

Mplus code の欧文文字に対応し、weight と width の 2 つの variable 軸をもつ MpluscodeGX.ttf があります。

Aa

ウェイトの選び方

公開当初から M+ FONTS の大きな特徴の 1 つだった多ウェイト展開(プロポーショナルフォントで 7 種類、等幅フォントで 5 種類)ですが、この種類の多さが「わかりにくい」と言われる複雑さの一因にもなっているようです。ウェイトの選び方に決まりごとなどはありませんのでご自由に、としたいところですが、ここでは基本的な考え方だけ説明します。

見出しなどで比較的大きく表示する場合は、どのウェイトでも問題ありません。太いウェイトで目立たせることは道理にかなっていますし、逆に細いウェイトにしても洒落た感じになります。あえて本文と同じウェイトにすることもデザイン的にはあると思います。タイトルなどでさらに大きく表示する場合なら、もっとも太い Black でも、もっとも細い Thin でも、文字の背景との関係を別にすれば可読性が問題になることはないでしょう。ただしプレゼンテーションなどで細いウェイトを使用する場合には注意が必要です。大抵の場合、読みづらいです。

本文として使用する場合、もっとも太い Black、その次に太い ExtraBold、もっとも細い Thin あたりは、おそらく可読性に問題がでてくると思います。無難に文字組みをするのであれば、Light、Regular、Medium を試してみてください。ディスプレイに表示するのか、紙に印刷するのか、背景は白地か、濃い背景色に対してヌキ文字になるのか、などの条件によって可読性は変化します。ヌキ文字の場合は本来のウェイトよりも太く見えますが、細いヌキ文字は潰れて見えづらくなることも多いです。スマートフォンなどの高解像度ディスプレイでさらに小さく表示される場合は、一段階太いウェイトを選んだ方が読みやすくなります。

本文と見出し、または本文内での一部強調などで異なるウェイトを選ぶ場合は、Light と Medium、Regular と Bold、Medium と ExtraBold のように二段階離れたウェイトの組み合わせを使用すればほどよい区別がつきますし、さらに離れたウェイトを組み合わせれば、よりコントラストの強いデザイン表現になります。

……というような当たり前だけでは面白くありません、どのような使い方であっても「読める」のであれば正解です。ぜひ 7 ウェイトの利点を活かしてデザインを楽しんでください。

緊急事態宣言は発出されましたが

午前中は税理士さんから決算報告を受け、午後は日本橋 3 丁目で N 計画の打ち合わせ。帰りは歩き。

フリーフォント Mplus code 公開

Dear Programmers!

親愛なるプログラマーのみなさま

現在 M+ FONTS は Google の支援をいただき、Glyphs を使用してデザイン修正の作業をおこない、GitHub にてその成果物を公開しています。しかし自分がここまで M+ FONTS の制作を続けることができたのは、開発当初の、多くのプログラマーの方によるご協力があったからです。自分のデザインした文字がオリジナルのスクリプトによってフォントファイルにまとめられ、コンピューター画面に表示されるさまは、まるで魔法をみているかのような素晴らしい経験でした。

また 1988 年にはじめての Macintosh を購入してからフリーソフトウェアの文化に感動し、いわゆる Unix 系の OS を使い始めてからも、さらに多くのフリーソフトウェアの恩恵にあずかりました。M+ FONTS では当初から、少しでもプログラマーの方々のお役に立つことができればと固定幅フォントを用意していましたが、そのときに得た知見をもとに今回のデザイン修正の成果を反映させて、新しいプログラミング用フォントをつくりました。慣れ親しんだ環境を変えることは大変なことと思いますが、ぜひ試していただければうれしいです。

小さな表示でも読みやすく、似ている文字が誤認されることのないデザインを心がけました。並べて見比べたときに区別できることは当然として、単独で見たときにも他の文字と間違えることのない字形です。
O
uppercase o
0
number zero
Ø
slash o
1
number one
I
uppercase i
l
lowercase l

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456780
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz !@#$%&*?({

愛のあるユニークで豊かな書体

Mplus 1 code Thin

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456780
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz !@#$%&*?({

愛のあるユニークで豊かな書体

Mplus 1 code Light

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456780
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz !@#$%&*?({

愛のあるユニークで豊かな書体

Mplus 1 code Regular

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456780
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz !@#$%&*?({

愛のあるユニークで豊かな書体

Mplus 1 code Medium

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456780
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz !@#$%&*?({

愛のあるユニークで豊かな書体

Mplus 1 code Bold

Mplus 1 の日本語グリフに半角固定幅の英数字を組み合わせました。5,717 文字の漢字と GF Latin Plus のグリフセットが含まれています。

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456780
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz !@#$%&*?({

Mplus code 50 Thin

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456780
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz !@#$%&*?({

Mplus code 50 Light

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456780
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz !@#$%&*?({

Mplus code 50 Regular

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456780
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz !@#$%&*?({

Mplus code 50 Medium

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456780
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz !@#$%&*?({

Mplus code 50 Bold

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456780
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz !@#$%&*?({

Mplus code 60 Thin

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456780
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz !@#$%&*?({

Mplus code 60 Light

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456780
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz !@#$%&*?({

Mplus code 60 Regular

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456780
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz !@#$%&*?({

Mplus code 60 Medium

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 0123456780
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz !@#$%&*?({

Mplus code 60 Bold

半角固定幅 width 50% の Mplus code 50 と、width 60% の Mplus code 60 の 2 種類を用意しました。GF Latin Plus のグリフセットが含まれています。
以前、Reddit で M+ FONTS が紹介されたことがあった(Best Font for Programming: M+)のですが、日本語表示の必要がないプログラマーの方の「半角幅は細すぎる」というコメントを見かけて、以来気になっていました。今回 60% 幅のデザインも追加し、さらに Variable Fonts に対応させることで、文字の太さと幅を自由に設定できるようになりました。
Variable Fonts に対応した環境でのご利用のほかにも、上記サイト https://dinamodarkroom.com/gauntlet/ にフォントファイル MpluscodeGX.ttf を drop し、サイドバーから Sample text を入力、Variable axes の Weight と Width を調整、Generate Static Font File の黄色いボタンを押すことで調整された TTF ファイルを生成することができます。こちらもぜひお試しください。
ライセンスは SIL Open Font License となります。このライセンスを保持する場合に限り、フォントの使用、改変、そして改変の有無にかかわらず再配布、ドキュメントへの埋め込み、パッケージ化しての販売などを無償で自由に行うことができます。
木漏れ日って素敵です。
ネコになった夢でも見たのかな

おはようございます、むにゃむにゃ…。

狂犬病予防の注射
特に写真はありません。騒がず大人しくしていてくれました。
シャンプー好きになったかも

桜の花の後は、緑の葉っぱが綺麗です。

呼んでみたら素直にバスルームに入ってきました。

雪を探しに林道ツーリング

息子 S に付き合う。オフロードバイクで走る分にはどうということもない林道も、クルマで走れば探検気分。

一休みしたら、次の林道。

やっと見つけた最後の雪。早くすりすりしたい ALEX にマテをしながら撮影。

思う存分すりすり。

ウッドデッキ用の時計を新調
シーズンレンタルのスキー返却のため松本に 

年に 2 回(借りるときと返すとき)のお楽しみ、「白山」でお蕎麦を食べてから返却。休館中の松本市美術館前に展示してある草間彌生さんのすごいのを見て、

実はここでクルマの左前タイヤがパンク。幸い 1km ちょっと離れたところにあるタイヤ専門店に在庫があるということなので、

JAF のレッカー車で運んでもらうことにしました。

タイヤ交換をお願いしている間に松本城を散歩。クルマを引き取った後、「マサムラ」でモンブランとシュークリームを購入して帰る。

おとなりの丸太を勝手に薪割り

植木屋さんが処理して放置してあった丸太が少し。

このくらいの薪になりました。

おとなりさんの薪ラックの空いているところに積んでおきます。来シーズン、できれば再来シーズンまで乾燥させてくださいと連絡。

雪かき道具、やっと片付けます

割れた部分を結束バンドで補修してみた。どのくらい保つだろうか。

本日のポップコーン
野辺山

家の前の舗装路の、特に隙間の空いているところの土をほじくった後、路盤財というものを詰めてみた。

普通の砂利・砕石よりも締まった感じ。そのうちクルマが通るたびに掻き出されてしまうとは思うけど、しばらく様子をみる予定。

まだまだ綺麗に咲いてます
フリーフォント Mplus 1 と Mplus 2 を暫定公開

GitHub にてデザインの見直しを続けている M+ FONTS の正式公開前の暫定版として、Mplus 1 と Mplus 2 フォントを公開しました。

大胆な直線処理を特徴としつつも柔らかな印象の Mplus 1、手の動きを残すことでややクラシカルな表情を持つ Mplus 2。どちらも、いわゆるモダンゴシックフォントの新しいスタンダードを目標として再デザインしました。漢字については従来のデザインをそのまま流用しています。

上下のサンプル画像は、ポインターを乗せることで Mplus 1 と Mplus 2 が切り替わります。またご覧いただいているこの文章でも webfont として使用しています。画面左上にある「CHANGE FONT TO」の下のボタンを押すことで、web ページ全体のフォントを変更することができます。

これらのフォントには GF Latin Plus 欧文文字セットとかな文字、基本的な記号類の 834 文字と、常用漢字、JIS 第 1 水準漢字、JIS 第 2 水準漢字の一部(2,264 文字)他の漢字 5,717 文字、合計で 6,551 文字が含まれ、それぞれ Thin から Black までの 7 ウェイトがあります。

LICENSE

ライセンスは今後公開される予定の正式版と同様に SIL Open Font License となります。このライセンスを保持する場合に限り、フォントの使用、改変、そして改変の有無にかかわらず再配布、ドキュメントへの埋め込み、パッケージ化しての販売などを無償で自由に行うことができます。

DOWNLOAD

用途と使用環境に応じて OpenType と TrueType の 2 種類を用意しました。もちろん無償でダウンロードすることができます。

今回のフォント公開にともない、前回公開した Mplus TF1 は削除いたしました。ご注意ください。

Variable fonts?

漢字以外のグリフについては Variable fonts への対応が完了しています、ぜひお試しください。

Biあ
Biあ

最後に…

早いもので、最初の M+ FONTS の英数字とかな文字が完成してから 15 年以上経ちました。その後はとにかく漢字を揃えることに夢中になって、正直なところデザインを見直す作業が疎かになっていました。今、Google の支援をいただいて念願の修正作業を進めています。最終段階の確認用にとりあえず従来の漢字を組み合わせた暫定的なフォントではありますが、今まで M+ FONTS をご利用されていた方はもちろん、敬遠されていた方にもご利用いただいて、もしよろしければご感想をいただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。

ちなみに「m-p-l-u-s-f-o-n-t-s」と入力(ハイフンは不要)すると M+ FONTS ロゴに変換されますが、特に使い道はなさそうです。

おフロの日

シャワーの後のブルブルの後のへっぴり腰。

やっぱり近所の桜が一番
桜散歩

日本銀行前の桜通りから皇居に向かいます。平川門と北桔橋門を通過。

途中、道草をくいながら…

千鳥ヶ淵から向こう側に渡って、英国大使館の前の未舗装路を歩く。再び皇居側に戻って、最高裁判所と警視庁を眺めながら…

お堀の中の鴨も気にしつつ、日比谷通りに渡る。丸の内仲通りに入って一休みした後、東京駅中央口前を通過。

自宅から約 3 時間のんびり歩いて、12.15km の散歩でした。

M+ FONTS Type-2 ひらがな完成

基本的な英数字に続いてひらがなが揃いました。これからさらに修正をかさねるとともに、次はカタカナを揃えていく予定です。

ライセンスは Type-1 と同様、SIL Open Font License となります。どうぞご自由にお試しください。

なぜか夜中に目が冴える ALEX

もう寝ましょう。

桜、思ったよりも咲き始めていました

昨年も今年も、ブルーシートが敷かれてないのでとても気持ちが良い。covid-19 の流行が収まった後も規制して欲しい。

東京に戻ります

掃除して、たぶん最後の水抜き処理して帰ります。

シャトレーゼでスキー、のち吐竜の滝散歩

今シーズン(おそらく)最後のスキー。

昼食は、冬季限定でラーメン屋さんになるレストラン。ALEX も店内に入ることができます。

雪解け水のせいか、吐竜の滝の水はマシマシです。

雪道探検ミニツーリング

朝から雲ひとつない良い天気。

雪道を求めて、息子 S のバイクと二代目ちょろ Q アレちゃん号で八ヶ岳林道ほかをミニツーリング。

ドライフラワーとカフェのお店

歯科治療のため一旦東京に帰って、一日で戻ってくる息子 S を長坂バス停に迎えに行ったついでに、初めて寄ってみました。

ちょっと風が冷たかったですが、テラス席が気持ちよかったです。

シャトレーゼでスキー

今シーズンはあと何回滑ることができるかな。

湯川渓谷散歩

午前中オフロードバイクで走りにきた息子 S が、土砂崩れで通り抜けできなかったというので確認しにきました。なるほどこれはチェンソーでも持ってこないと無理そうです。

倒木の向こう側にはまだ少し雪が残っていました。

最後の雪かな…

ずいぶん前から予報があったのですが、思いのほかによく降りました。

ちょっとブカブカですが、しっかりしたレインコートを着せて。

外の薪ラックの薪はほとんど勝手口土間の薪ラックに移し終わりました。

今シーズン(たぶん)最後の雪さんぽです。

気温が高くベタ雪なので木々にまとわりつくのか、一晩で真っ白な景色になりました。

遊び疲れてぐっすり昼寝。雪は雨に変わりつつあります。

M+ FONTS Type-2 の GF Latin Plus 欧文文字セット完成

公開までにいろいろと修正はあると思いますが、とりあえず。ただスウェーデン語を並べただけで可愛いです。

晴れのちポップコーン

よく晴れて暖かい日差しが気持ちいいです。

ALEX が朝ごはんを完食したので、ポップコーンパーティーです。

リエックスで 3 本だけ

重くなった雪をやりこなす技術があるわけでもなく、太腿の筋肉が張って 1 本続けて滑ることさえできない。

M+ FONTS Type-2 制作開始

基本的な英数字が揃ったので公開します。これからさらに修正をかさねるとともに、かな文字を揃えていく予定です。Type-1 から「BDGJMOPQRSU」、「aegijmnostuy」、「3.:;!?@&」のグリフを変更しています。もちろん Variable fonts にも対応しています。

ライセンスは Type-1 と同様、SIL Open Font License となります。どうぞご自由にお試しください。

イタリアンでランチのち清泉寮

比較的暖かい日が続いたので、雪はもうほとんど残っていません。ランチは大泉でイタリアン、ALEX にはクルマの中で留守番してもらいます。

食後は清泉寮に寄り道して軽く散歩。薄曇りで見晴らしは今ひとつ。カンパーニュをいくつか購入して帰る。

ネコ(一輪車)のタイヤ交換

野辺山に向かう途中、須玉で降りてスーパーで買い物するついでに隣接するホームセンターで購入。2 度目のタイヤ交換、今回はじめてノーパンクタイヤにしてみる。グレーのホイールが格好いい。

おはようございます

早く散歩に連れて行け、の視線。

雨、ふったりやんだり

「今年の若手は期待できますよ」っていう感じのアスリート感。

フリーフォント Mplus TF1 を暫定公開しました

GitHub にてデザインの見直しを続けている M+ FONTS の正式公開前の暫定版として、Mplus TF(TESTFLIGHT)1 フォントを公開しました。

このフォントには GF Latin Plus 欧文文字セットとかな文字、基本的な記号類の 836 文字と、常用漢字、JIS 第 1 水準漢字、JIS 第 2 水準漢字の一部(2,264 文字)の漢字 5,233 文字、合計で 6,069 文字が含まれ、それぞれ Thin から Black までの 7 ウェイトがあります。

DOWNLOAD

用途と使用環境に応じて OpenType と TrueType の 2 種類を用意しました。もちろん無償でダウンロードすることができます。

LICENSE

ライセンスは今後公開される予定の正式版と同様に SIL Open Font License となります。このライセンスを保持する場合に限り、フォントの使用、改変、そして改変の有無にかかわらず再配布、ドキュメントへの埋め込み、パッケージ化しての販売などを無償で自由に行うことができます。

今までの M+ FONTS との比較

従来の M+ FONTS(OSDN)のかな文字と英数字の 1 文字ずつのデザイン品質を高めるとともに、1 つの行になったときの流れ、1 つの段落になったときの塊りとしての佇まいを見直しました。ご覧いただいているこの文章でも webfont として使用しています。漢字については従来のデザインをそのまま流用しています。

下の画像は Mplus TF1 Regular の使用例です。ポインターを画像にのせると、従来の M+ 1p regular に切り替わります。ぜひ見比べてみてください。

Variable fonts?

漢字以外のグリフについては Variable fonts への対応が完了しています、ぜひお試しください。

Aaあ

最後に…

早いもので、最初の M+ FONTS の英数字とかな文字が完成してから 15 年以上経ちました。その後はとにかく漢字を揃えることに夢中になって、正直なところデザインを見直す作業が疎かになっていました。今、Google の支援をいただいて念願の修正作業を進めています。最終段階の確認用にとりあえず従来の漢字を組み合わせた暫定的なフォントではありますが、今まで M+ FONTS をご利用されていた方はもちろん、敬遠されていた方にもご利用いただいて、もしよろしければご感想をいただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。

日本橋-銀座-有楽町-丸の内散歩

中央通りを銀座 4 丁目の交差点で U ターン、マロニエ通りから有楽町を抜けて丸の内へ。

暖かくて上着は必要ありませんでした。

モーニングのち日本橋散歩のち中川 P 打ち合わせ

トーストとゆで卵大好き。

三越のあたりを回って小一時間の散歩。

一旦帰宅して ALEX は留守番、八重洲中央ビルで打ち合わせ。急な話だけど、うまく進めばありがたいです。

今日も良い天気、掃除して水抜きして帰る

-6° くらい。よく晴れて風もなく、気持ちの良い朝です。

掃除の間は邪魔しないよ。

良い天気だけどゲレンデはカリカリ

晴れていても -8° くらい、風が吹いてさらに冷たいです。

この後、盛大に 50m くらい滑落し、息子 S にスキー板を拾ってもらう。

少しだけ雪降りました

気温は -4° くらいだけど、冷たい風が吹いて顔が痛いです。

イタリアンランチのち清泉寮散歩

食事中は車の中で留守番してもらったので、帰りに清泉寮に寄って散歩。

例によって芝生に入るなり暴れまくる。

引き続きいろいろ修正
雨のち Dog Tag 届く

降り始めは雪になる予報でしたが、気温が下がらず雨が続いています。

注文していた Dog Tag が届きました。良い感じです。

よく晴れました

車を峠の駐車場に停めて、少し歩く。

林道の様子を見に行ったところ、思いのほかに雪が残っていて ALEX 大喜び。

ちょっとだけスキー
テラスで昼食のはずが車で留守番

こじんまりとしたイタリアンレストランのテラスで昼食。のつもりだったけど、寒いので室内に変更。ALEX は車内で留守番、ごめんなさい。

食後はお隣のフランス菓子専門店(とてもおいしい)でおみやげを購入。

hiragana の見直し
再び氷を見に行く

あれから日中はプラス気温になることが多かったせいか、凍りついていた林道はところどころ湧き水が流れている状態になっていました。

それでも見応えのある景色でした。

夜のうちに少しだけ雪が降る

朝起きたら 4cm くらい積もっていました。

-9° くらいだったので、雪もサラサラです。

野辺山着

8:30 頃に出発。10:30 ガスト須玉店のモーニングにぎりぎり間に合って、着いたら室温 3° くらい。一日中ストーブを燃やして、夜は 11° まで上がる。

のんびり朝ごはん、のちお風呂

久しぶりにスターバックスまで歩いて朝ごはん。

静かに、大人しく、しかし強く訴えています。

お風呂はそれほど嫌がらないようになりました。

溜まっていた書類がやっと片付いた

ラベルもつけてスッキリ。しかし片付けなくてはいけないものは、まだまだ残っています。

モーニング大好き

ゆで卵を見上げる顔は真剣そのもの。

爪切り失敗、のち東京に帰る

爪切りに失敗、かわいそうなことをしてしまいました。傷口の保護に初めて Paws を履かせてみました。

外は再び雪が降っていますが、打ち合わせがあるため帰らなくてはいけません。

深い霧の中を帰ります。ALEX はいつもに増して震えています。

きょうはつかれた、おやすみなさい。

雨のち晴れ

昨日の夜からの霧と雨、せっかくの雪が溶けていきます。

あいかわらず夜中に、大量の雪が屋根から落ちる音が怖くて大暴れ。今になって眠くなってきた様子。

午後になって晴れてきました。恵みの森で散歩。

Lowercase Latin の見直し
今日はリエックス

スキーの後は、八峰の湯で昼食。ALEX は留守番。

ALEX 復活

二日間降り続いた雪がやんで、気持ちのいい朝。ALEX にも元気が戻りました。

辺りは一面の雪景色、でもウッドデッキは綺麗に乾いてる。という情景が好きです。ヨーロッパのスキーリゾートのような(行ったことはありません)。

標高 1,450m の平沢峠まで行ってみました。

雪まだ降っているけれど

昨日から降り続いている雪で外は真っ白、しかし ALEX は元気がありません。

屋根から落ちる雪(まだ大したことはない)の音で、昨晩はほとんど眠れていないのです。

屋根の音が怖いのに、なぜか二階に逃げる ALEX。一階に降りるのもまた怖い。まだ屋根の上にはたっぷりと雪が残っています。

深夜の除雪トラクター

近所の農家の方が交代で作業してくれます。ありがたいことです。

雪のちパプコーン

朝から雪が降っています。今日、明日と降り続く予定です。

遊んだ後は雪見パプコーン。明日も楽しみです。

天気雨のち普通の雨

雨は少しだけ。いったん止んで、日付が変わる頃から雪になるらしい。清里 ROCK で昼食後、川上村の長萬製菓(開いてなかった)とナナーズに寄る。

Amanda Gorman

And yet, the dawn is ours before we knew it.

ちょっとだけスキー

朝寝坊の息子 S に付き合ってのんびり出発。昼過ぎに戻って、あわてて川上村ナナーズに行ってもフードコートは終わってる。

よく冷えています

明け方は -14°C まで下がり、朝散歩のときに -10°C くらい。ちょっとだけダイヤモンドダストを見ることができたそうです。

Cabin & Garage について

最初に気が付いたのは 1990 年代。

当時、自分とおくさんは共通の趣味であるオフロードバイクを走らせるため、八ヶ岳周辺を毎月のように訪れていました。その定宿の近くで新築の工事が始まりました。基礎は完成したものの、なかなか建物の工事は捗りません、どうやら工事されているのは本職の方ではなさそうです。 余暇をやりくりしながらマイペースで作業されている様子でしたが、いつしか自分たちも工事の進み具合が気になり始め、可愛らしいギャンブレル屋根が出来上がった頃には、まるで自分たちのことのように嬉しく思いました。

ところが外見は完成したように見えたものの、いつの間にか人の気配は無くなり、建物は雑木林に埋もれるようになりました。その間に自分とおくさんは結婚し、やがて双子の息子たちが生まれました。もうオフロードバイクに乗ることはありませんでしたが、今度は家族として定宿を訪れ、その都度に朽ち果てて行く建物を眺め、胸を痛めていました。

そして 2013 年、息子たちは中学生になりました。このまま建物が朽ち果てて行く姿を見ていられない、いっそのこと、自分たちの手で再生できないだろうかと思い始めました。何度か挨拶を交わしたことはあるものの、持ち主の方の名前も分かりません。それでも何とか周辺を開発した不動産業者の方が判明し、おそるおそる連絡してみたところ、登記簿を取り寄せてくれました。

持ち主を探してみる

とりあえず登記簿に記された住所を訪ねてみましたが、すでに転居されていたようで表札には別の名前がありました。続いて名前を web 検索してみたところ、同姓同名の O 名誉教授(以下、教授)が候補にあがりました。北の方で先生をやっているという情報とも合致します。更に検索するとご自宅と思われる電話番号も判明しました。おくさんが電話してみると大正解。遠方の大学に転職となり、物件の処理に困っていたとのこと、前向きに相談しましょうとの言葉をいただく。

何度かのメールのやり取りの後、教授の東京出張に合わせてお会いしてきた。最初は緊張したものの、共通のオートバイ趣味に助けられ楽しくお話しさせていただきました。もはや建物には何の価値も無いでしょう、あくまでも土地の代金だけで結構ですとのこと。ありがとうございます。

初めて中に入る

教授の案内で中に入ってみると、2 つの天窓が消失して直下のロフト床、1F 天井、1F 床が腐っていました。教授は大変に恐縮されていましたが、こちらとしては想定内のこと。最初から床、壁、天井は剥がす予定だったので問題ありません。ただし、当分の間は抜けた床に気を付ける必要があります。教授と応急処置で天窓を塞いでから、昼食をご一緒させていただきました。

売買契約と所有権移転登記手続き

自作の登記申請書、登記原因証明情報、売買契約書、委任状を用意して、その場で署名押捺。教授のご厚意でとてもありがたい条件を許していただきました。その後、登記簿に記載された権利者住所と住民票に記載された現住所が異なり、さらに直接の移転住所でもないため、登記移転の手続きに必要な附票個人事項証明を取り寄せていただくようお願いしました。

書類を携えて長野地方法務局佐久支局の窓口へ。住所変更の分の委任状も必要とのことで出直して必要書類を再提出、無事に登記移転手続きは完了しました。

地元の大工さんと工事の打ち合わせ

寒冷地での事情を熟知している地元の大工さんに工事をお願いすることにしました。自分たちの要望としては、外壁と全体の雰囲気を残しつつ、屋根と内装を全て張り替える。構造上必要な最小限の柱だけを残して広い空間を確保、1F をリビング、2F は寝室用途にする。裏手にキッチン、トイレ、浴室を備えたガレージを増築して連結。屋外のリビングとして広いウッドデッキを設置する、などなど。基礎工事は凍結地面が溶ける春過ぎからしかできないため、設計案を練り上げる時間は充分あります。

荒れ放題だった庭をなんとかする

工事が始まるまで週末ごとに通って、伐採、枝打ち、草むしりなどの作業にかかりました。スコップ、ノコギリ、チェンソー、薪割り斧などの道具類とともに屋外用小型薪ストーブを購入し、現地に設置した組み立て式の物置に保管します。

冬季の暖房は薪ストーブだけでまかなうつもりなので、増築予定部分のカラマツは全て伐倒し、早めに薪割りをして、1 年以上乾燥させる必要があります。ということで、最初の冬用の薪だけは購入することになります。

雪が降る前に下草の処理と枝打ちなどが終わり、建物と庭の形がはっきりと見えてきました。後はひたすら薪割りをして、来々シーズンに備えます。

増改築工事始まる

春。ついに工事が始まりました。自分のような素人のイメージと図面を現実的に翻案、実行してくれる大工さんには感謝の気持ちしかありません。




足場があるうちに、外壁は家族みんなで塗装しました。

そして完成




4 カ所の窓にあった教授のおくさま作ステンドグラスは、そのまま同じ場所に設置しました。この家の大切なアイデンティティだと思ったからです。


いったん東京に戻ります

朝から掃除して、水抜き処理をして、昼食はイタリアンなファミリーレストランに寄って食べ放題のピザでお腹いっぱい。帰宅後、夕食も別のイタリアンなファミリーレストラン、さすがに軽くすませる。

夕食後、家に帰るとリビングのドアが ALEX に破壊されていた。

ALEX について

2016 年 6 月 19 日に保護団体 CAPIN から譲り受けた雑種の雄犬です。当時で推定 0 歳 6 ヶ月、犬を初めて家族として受け入れる自分たちのために選んでいただきました。生後 3 ヶ月くらいの頃に保護されたようです。下(右側)は保護された当時の子犬だった頃の面影をうかがうことのできる、本当に大切な写真です。

預かりボランティアさんのおかげで最初からとても良い子。2 週間のトライアル期間中、なに一つ不安を感じることはありませんでした。

茨城県の動物保護センターで授かった幼名「A 太郎」の「A」から始まって、うちの息子たち S 也、T 也の末弟として同じ「や」で終わる名前を考え、最終的に ALEX(アレックス)と名付けました。

「A」から始まって「や」で終わる名前といえば、カラマーゾフ家の同じ三男坊、心優しいアリョーシャが思い浮かびました。アリョーシャはアレクセイの短縮形なので、さらに英語読みにしてアレックスとなりました。偉大なるオビ=ワン・ケノービ師にもちなんでいます。

そんな ALEX に思いもよらない弱点がありました、車酔いしてしまうのです。車で移動することが多く、犬はドライブが好きなものと思いこんでいた自分たちにとって、それは大事でした。まず車に乗りたがらない、なんとか乗せても極度の緊張でヨダレをたらし、最終的には吐いてしまいます。

酔い止め薬を試したり(2 回目以降は飲むこと自体を拒否されました)、頻繁に休憩を挟んだりとドライブ経験を重ね、やっとヨダレをたらすことも吐くこともなくなりましたが、今でもドライブは苦手のようです。

そんな ALEX も 5 才になり、体重も当初の 11kg から 16kg まで増えて、立派な成犬となりました。家族のみんなにとって、とても大切な存在です。

ちょっとだけスキー

息子 S のオンライン授業が始まる前に、3 本だけ滑ってくる。

この weblog について

2004 年から続けてきた今までの weblog は日本語文字コードに EUC-JP を指定、terminal と vim の設定もそれに準じていたため、一部のグリフを利用することができないなどの不便がありました。なんとなく面倒に思えて長い間そのままにしていたのですが、最近になって制作意欲を刺激する出来事がいくつも続き、気分一新のはじまりとして UTF-8 で作り直すことにしました。

今までの weblog は以下の URL にそのまま残してあります。
http://www.underforest.com/logs.cgi/weblog/

この weblog の目的は 2 つ。日々の記録を残すということと、制作中のフォントを webfont で指定することによってデザイン修正の参考とすることです。

かな文字と基本的な欧文文字(GF Latin Plus)は GitHub で修正作業を進めている最新の M+ FONTS、コマンドプロンプトの表示にはその中の Mplus 1 Code、漢字は Google Fonts で公開している M PLUS 1p から補完、表示しています。

blosxom

weblog ソフトウェアは 2004 年からしつこく blosxom(2008 年 10 月から更新なし)を使い続けています。もともとシンプルな設計思想を持つソフトウェアでしたが、自分自身も設計変更をするたびに少ない標準機能をさらに削って、なんとも素っ気ないデザインになっています。

plugin は 3 つ。アーカイブ表示用に archives、タイムスタンプ用に entries_kache、ページング用に paging を利用させていただいています。

スキーのち ROCK

陽が差して穏やかな朝。

ALEX は留守番。とりあえずスキーに行ってから、

ROCK で遅めの昼食。

macOS で cgi を動かす

weblog プログラムは今まで通りに blosxom を利用させていただきます。macOS で cgi を使用するための手順は以下の通り。

$ sudo vi /private/etc/apache2/extra/httpd-userdir.conf
Include /private/etc/apache2/users/*.conf を有効にする。
$ sudo vi /private/etc/apache2/httpd.conf
LoadModule userdir_module libexec/apache2/mod_userdir.so、
Include /private/etc/apache2/extra/httpd-userdir.conf、
LoadModule cgi_module libexec/apache2/mod_cgi.so
を有効にし、以下の 2 つのファイルを作成する。
$ cd /private/etc/apache2/users/
$ sudo mv coz.conf coz.conf.backup
$ sudo zsh
# cat > coz.conf << "EOF"
<Directory "/Users/coz/Sites/">
    AddHandler cgi-script .cgi
    Require all granted
</Directory>
EOF
$ cat > /Users/coz/Sites/.htaccess << "EOF"
Options +ExecCGI
EOF
coz のところはユーザ名が入ります。最後に Apache を再起動。
$ sudo apachectl restart
cgi ファイルを設置するディレクトリは "/Library/WebServer/CGI-Executables"、ここに clog.cgi を置けば "http://localhost/cgi-bin/clog.cgi" でアクセスできます。

雪ふりました

夕方には少し積もって ALEX も大喜び。

この weblog の作法(覚え書き)

自分で作っておきながら、少しでも更新を怠ると一連の作業手順を忘れてしまうので、改めて再確認しつつここに記録することとします。最初に、新しいエントリを作成する場合はシェルスクリプト "clog_new_text.sh" を使用します。

$ ~/bin/clog_new_text.sh 210112d

引数でエントリのタイムスタンプとカテゴリを設定します。上の例では 2021 年 1 月 12 日のタイムスタンプで days カテゴリとなります。about カテゴリとする場合は引数最後の d を a とします。新しいエントリは、とりあえず queue ディレクトリ下の各カテゴリディレクトリ内に、引数を使用したファイル名で作成され(上記の例では "days-200112.txt")、vi が起動し編集画面となります。

引数が不適切であったり、すでに同名のエントリが存在する場合は、その旨を表示してスクリプトが終了します。無事に編集画面が表示されたら 1 行目にエントリのタイトルを記入します。2 行目にはこのエントリのタイムスタンプ設定が引数から自動的に挿入されています。同じ日付で複数のエントリを予定している場合などは、時刻部分を編集してエントリの順番を操作することができます(新しい時刻のエントリが上に表示される)。1 行あけて 4 行目から、HTML のタグを使いながら本文を記入します。

ローカルリンクは以下のように指定すれば、後のスクリプト処理でローカル環境とサーバ環境のそれぞれに適した url に変換されます。

<a href="http://localhost/cgi-bin/clog.cgi/weblog/days/days-210110.html">

Image

画像を挿入する場合は、"clog/queue/images/" ディレクトリ下に保存し、img タグで設定します。

<img src="/IMAGES/name_of_image.png" class="w80">

画像ファイルの url を "/IMAGES/" としておけば、後のスクリプト処理でローカル環境とサーバ環境のそれぞれに適した url に変換されます。

class に "w80" を設定した場合は、画像の左右寸法が本文ボディ左右寸法の 80% になります。

class に "w60" を設定した場合は本文ボディ左右寸法の 60% になります。

スクリーンショットなどの画像は class に "w100 window" と設定すれば、周囲にアウトラインを付加し、本文ボディの左右寸法に合わせた表示となります。

iframe

YouTube の動画(560:315)などを埋め込むときは <iframe> を <div class="iframe-w100"> で囲み、本文ボディの左右寸法に合わせます。

<div class="iframe-w100">
<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/6dKimoybmEo"
 frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; 
 encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" 
 allowfullscreen></iframe>
</div>

pre

すでに上の方で表示されていますが、スクリプトなどを表示する際に <pre> タグを使用すれば、グレー地に白文字で半角固定幅フォントが表示されるように設定しています。

<pre>
$ ~/bin/clog_new_text.sh 210112d
</pre>

ul

<ul> タグを使用したリスト表示では、各項目のマーカーとインデントを無くしてシンプルにしています。

<ul>
<li>2020</li>
<li>2021</li>
<li>2022</li>
</ul>
  • 2020
  • 2021
  • 2022

ローカル環境での表示確認

新しいエントリの作成が終わったら、シェルスクリプト "clog_update.sh" で表示を確認します。

$ ~/bin/clog_update.sh local

引数に "local" を指定することで、queue ディレクトリ下に作成したファイル群が "clog/blosxom/weblog/" ディレクトリ下にコピーされ、表示が可能となります。

修正が必要な場合は、直接 .txt ファイルを指定して編集し直すか、もしくは編集画面を開いたまま、別ターミナルから上記スクリプトを繰り返し実行することで試行錯誤することができます。

サーバに転送

ローカル環境での確認が終わったら、シェルスクリプト "clog_update.sh" でサーバに転送します。

$ ~/bin/clog_update.sh www

引数に "www" を指定することで、queue ディレクトリ下に作成したファイル群が再び "clog/blosxom/weblog/" ディレクトリ下にコピーされ、続いてサーバに転送され、最後に queue ディレクトリ下から削除されます。

記録する人
森下浩司   cojiunderforestcom
1962
1981-1994
2019
東京生まれ
松永真デザイン事務所
UNDERFOREST DESIGN

Accounts

湯川渓谷に行ってみた

雪がふらないので、せめて氷を見に行こう、ということで初めての湯川渓谷。車で 40 分くらい。勝手が分からないので、林道が凍りついている手前で駐車して 700m ほど歩くことに。

ALEX のペースで歩いていると滑って転びます。

おそらく一番大きな氷壁には近づくことができませんでしたが、その手前でも見応え充分、アイスクライミングも初めて見ました。

About What?
雪ふりません

強い寒波の影響で各地に大雪注意報がでていますが、ここ野辺山は八ヶ岳に守られて、なかなか雪がふりません。ALEX が拗ねています。

南清里道の駅のドッグパーク

息子 S をハイウェイバスに送るついでに。

少しだけ雪ふりました

朝散歩の時で -4°C くらい。強い風が吹いて、もっと寒く感じます。

ALEX と合流して野辺山へ

ホテルをチェックアウトし、ALEX を迎えに行って、そのまま野辺山へ。室温は 1°C でかろうじて氷点下にはなっていませんでした。

再開します

そこまで忙しいわけではなかったのですが、1 年以上もさぼってしまいました。世の中は COVID-19 で大変ですが、今のところ自分たちは元気にしています。新年を迎え、気分を新たに weblog を再開します。

年末年始の休みは毎年同じホテルに滞在します。ALEX はペットホテル、しばらく会えませんが毎日画像や動画を送ってくれるので安心です。