CHANGE FONT TO

Mplus 2

SEARCH CATEGORIES ARCHIVES
丸太切りのち薪割り

午前中は丸太切り。90cm ではとても重くて運べない太い丸太を 45cm ずつに切っていきます。しばらくしたらチェンソーがオーバーヒート気味になってしまったので潔く終了。45cm の丸太をクルマで 4 往復分運んで、薪割り開始。

FISKARS X25 は軽くて振り回しやすいのに、なぜか威力があります。「カントリー」での昼食をはさんで夕方まで楽しく薪割りを続けて、再来シーズン以降用の薪棚の半分くらいまで埋まってきました。

第三現場丸太切り進行中

午前中は雨。昼食後から息子 T を迎えに行く時間まで作業。昨日、穴を開けたガイドバーは問題なくチェーンにオイルを流してくれた。

いろいろ捗ったし、いろいろあった

ボルトが折れて使えなくなってしまった Helko VR-4 の代わりに注文していた FISKARS X25 が届きました。

ちょっとだけ試し割りしてみたけど、かなり良い感じです。センターポンチとエキストラクターも届いたので、VR-4 の刃に残ったボルトにドリルで下穴を開けて…

エキストラクターを軽くコンコン叩いて、折れたボルトに齧り付いたのを確認してから反時計方向に回して、無事に取れました。純正のボルトを注文する前に、ホームセンターで探してみようと思っています。

昼食は大泉まで降りて「サムズキッチン」、残念ながら日替わりは終了してしまったけれど、美味しいハンバーグをいただきました。食後は清里まきば公園で軽く散歩。食事中の羊たちは愛想なし。

戻ったら RIN ちゃん家が遊びにきてくれました。

新調したもののオイルが出ないガイドバーに穴を開けてみました。上が 135e 純正、下が新調した 135 Mark II 純正のガイドバー。本体噴出口の位置に対して少々ずれてしまいましたが、まあ問題ないでしょう、ないと信じています。明日試してみます。

雨の日は休息日

力仕事も一休み、案外ほっとしている。

今日のポップコーンは元気良いです。

薪割りのち丸太切り

重量バランスが良く振り疲れしないうえ、左右に広がった刃の形状のおかげで丸太離れの良い Helko の Vario 2000 VR-4。4 本所有している薪割り斧のなかで最も使用頻度が高かったのですが、薪割り中に固定ボルトが一本折れて刃の中に残ってしまいました。

取れるのだろうか…。とりあえずセンターポンチとエキストラクターを注文。

第三現場の丸太切り、とりあえず終了。しかし太いものが多いのでさらに半分に切らないと運べない。どうせすぐ薪割りするので好都合ではある。

第三現場で作業中

8 本の原木が積み重なっていたが、なんとか終わりが見えてきた。90cm の丸太に切っているけど太い丸太はさらに半分に切らないと重くて運べない。

135e のガイドバーを新調したのだけど、後継機 135 Mark II 用のものが使えるということで試している。オイル穴の無いタイプになっていて、なぜか最初のうちは問題なくオイルが出ていたような気がしたけど、やっぱりオイルが出なくなって使えない。本体のオイル噴出口がバーの上穴とまるで合わない。組み方が悪いのだろうか。

薪割り少しずつ進んでいます

丸太切り出しの合間の気分転換程度ですが。

いったん戻りました

まだ眠い…。

久しぶりに屋上まで行ったよ。

ウェイトが増えました

よく分からないけど ExtraLight と SemiBold を追加すると都合が良いらしいということで、Aaron さんが修正してくれました。すでに variable font 対応済みなので、デザイン的な破綻はないはずです。Mplus 1 と Mplus 2 は 9 ウェイト、Mplus 1 Code と Mplus Code Latin は 7 ウェイトになりました。フォントファイルも用意されています。

https://github.com/coz-m/MPLUS_FONTS/tree/master/fonts

薪割りのち丸太運び

午前中、息子 S はオンライン授業があるので、ひとりで薪割り。45cm に玉切りしたものが沢山あるので気楽なもの。

カントリーで昼食後、息子 S と丸太運び。第二現場の丸太はすべて回収。第二丸太置き場も埋まってきた。

明日は明け方から雨になるようなので、ビニールをかけておく。

丸太運びのち ROCK のち薪割り

午前中は息子 S に手伝ってもらって第二現場の丸太運び。

久しぶりの ROCK で昼食、食後にちょっと散歩。

午後は力仕事する気力もなく、薪割りをはじめる。

今日は疲れた、もう寝る
雨ざらし薪ラックの基礎工事

本日は力仕事お休み。薪割りが始まる前に、凍み上がりで凸凹になった薪ラックの基礎を手入れする。

さすがにコンクリートは大袈裟だと思っているので、今年は路盤材を敷いてみる。なんとなく良さそう。

雨が降りはじめる前に完了しました。列の一部が歪んでいるのは 2x4 材の捩れのせいです。薪を積めば収まるはず。

中央道須玉、高速バス停

にいちゃんを迎えに。富士山背負って来た!

第二現場丸太切り終了

とはいえ運ぶのに一苦労しそうです。

晴れました
Description できました
まだ梅雨ではないらしい
Tokyo, 1989

師匠の鶴の一声で 1989 年春に Macintosh II を導入(自分は 1988 年末に Macintosh SE を購入)、その日から ROTRING 製図ペンは一切使わなくなった。当初は Illustrator 88 でロゴタイプなどを制作していて、日本語版が発売されてしばらくした頃、Adobe Japan の人がソフトウェアとかフォントとか色々持ってきてくれて、さらにしばらくした頃、本国の人が取材に来て色々仕事中の写真を撮っていって、後でもらった一枚。

Paris, October 1988

師匠に連れて行ってもらったパリ、Musée des Arts Décoratifs で開催中だった「Issey Miyake A-ŪN」展にて。